再確認

生命保険や傷害保険は毎月の保険料の支払いと給与とのバランスを考え、かつ保険で補償される内容との兼ね合いも診て契約を行います。 都度掛け捨ての保険もあれば、積立型の保険もあり、年末控除や確定申告などの税金関連の手続きに関しても考えておいた方が良いでしょう。 ほとんどの保険は定期的に新しいコースやサービスが作られて、その補償内容や該当する症状など、さらにきめ細やかな保障が出来るよう提案され続けています。 知らずに同じ保険の内容で契約し続けていると必要以上の保険料を支払い続けていたり、いざ保険を使いたいという時に自分がかかっている症状が保障内容に該当していなかったりという状態に陥る事があります。 そのような事態を回避する為にも保険見直しの作業は必要なのです。

保険見直しの為には幾つかの見落としてはいけないチェックポイントがあります。 まず、死亡時の保証と入通院時の保証でどちらに手厚い補償がついているかです。 三大成人病にかかった場合は最初の検査と、その後の治療にまとまった金額が出る時期が続きますので入通院時の保障がより手厚い方が安心です。 そして日帰りの検査や手術も対応可能なのか、入院対応はどれだけ短い期間も対応しているかの確認です。 さらに該当する症状や疾患の種類がどれだけ多いかも大切です。 これらをチェックした上で、毎月支払う保険料がどのように変わるかを見積もるのが保険見直しでは大切な作業です。 これらの保険見直しの作業では一部内容がかぶっているサービスや契約が出てくる事があります。 このかぶっているサービスを削る事で保険料がどのようにかわるかも比較しましょう。 両方の作業を行ってどちらが手厚い補償で保険料を絞る事が出来るのかを調べる事が出来ます。 毎年は難しいとしても数年に1回はこの作業を行うと常に鮮度の高い補償内容で保険を契約し続ける事が出来ます。